三日月パンと星降るふくろう

ゆるゆると文を紡ぐ創作サークルです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第二十六回文学フリマ東京お品書き | main | テキレボでオススメの本(第7回Text-Revolutions版) >>
第二十六回文学フリマ東京が終了しました

 


第二十六回文学フリマ東京が、無事に終了しました。

 

 

ブースにお立ち寄りくださった皆様、本をお買い上げくださった皆様、ありがとうございます。

 

今回三日月パンは


文フリぬいぐるみ部という企画に参加しました。

 

前から作品を読ませていただいていたタヌキリス舎の

 

ナコさん(@nakotic )が企画された、

 

文フリにぬいぐるみを連れていくだけのお手軽企画。


一緒に写真を撮ったり

名刺交換をしたり

一般来場者もサークル参加者も関係なく楽しめます。

 

動物のぬいぐるみが好きでいまだによくお迎えするのですが、

比較的みんな大きくてどの子を連れていくか迷いましたね。


一応、ハ虫類クラスタである主張も兼ねて


アカメカブトトカゲ

 

にしました。

(ちなみに本物も飼育もしています)


ぬいぐるみ部じゃない通りすがりの人に

「かわいいー!」って言われて

本が売れたので、すごいぞアカメ。


青川先輩は『カール太郎とポールジロー』に出てくる

アルパカ三姉妹を連れて来てくれました。

 

 

めっちゃもふもふ。


タヌキリス舎さんの部室にも訪問してパチリ。

 

 

籠に入ってかわいいー。


本の売れ行きもぼちぼち。

 

海外旅行用のスーツケースをよろよろ押して運んだ甲斐はありました。

 

『二九六銀座でいただきます』は

 

三日月パン的にはお高い本になるので心配だったのですが

 

身内じゃない方にも手に取っていただけました。

 

ペロリストは、はじめてだけど気になってと手取って下さる方も多くて嬉しい限り。


買い物もね、すごくしました。

最近イベントの度に散財額が増えていて怖いです。

一度気に入るとひとしきり作家買いしちゃう上に、

その人のお勧めの作家さんがまたツボだったりしていもづる式にね……

 

魅力的な本にたくさん出会える場所ですから、仕方がない。


次回は、7月16日のText-Revolutionsに参加予定です。

 

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

イベント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://crescent-owl.jugem.jp/trackback/53
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS