三日月パンと星降るふくろう

ゆるゆると文を紡ぐ創作サークルです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
第二十四回文学フリマ東京が終了しました

第二十四回文学フリマ東京が、無事に終了しました。

 

ブースにお立ち寄りくださった皆様、本をお買い上げくださった皆様、ありがとうございます。

 

ひじき個人の感想としては、

 

「ペロリストさんの新刊ください!」と言われたのが嬉しかったのと、

 

日本酒本だと、若いお嬢さんからミドルなおじ様まで手に取ってくれて、

 

それぞれの日本酒情報を教えてくれるなあというところです。

 

 

次回のイベント参加は10月28日のText-Revolutionsを予定しております。

 

文学フリマ以外のイベントに参加したことがないので、いまからドキドキです。

 

その後は第二十五回文学フリマ東京に参加する予定です。

 

新刊も用意するつもりですので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

イベント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第二十四回文学フリマ東京お品書き

いよいよ明日、5月7日(日)に文学フリマ東京が開催されます。

 

文学フリマ - 第二十四回文学フリマ東京 開催情報

 

会場     :東京流通センター 第二展示場
アクセス :東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分

時間       :11:00〜17:00

 

お財布さえ握り締めてくれば、

 

カレーもコーヒーもついでに本も買えちゃう素敵なイベントです。

 

 

我、「三日月パンと星降るふくろう」のブースは

 

 

【ウ−59】

 

です。

 

個人的には「うごく三日月」と覚えております。


Webカタログはこちら。

 


頒布作品は、

 

 

【新刊】二九六銀座へいらっしゃい+ (200円)


【新刊】風の森の春鹿―あるペロリストの酒記―

    (500円)

 

【既刊】獺祭の花嫁―あるペロリストの酒記―

    (500円)
 

【既刊】カールたろうとポールジロー (200円)
 

【既刊】檻の中にいる? (300円)

 

【既刊】海に寄り道 (300円)

 

【既刊】庭には (300円)

 

 

よろしくお願いします!

イベント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第二十四回文学フリマ東京で買える合同誌

世間は大型連休ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

いよいよ4日後に文学フリマ東京が迫ってまいりました。

 

サークルの新刊が出来上がりましたので、ご紹介です。

 

新刊

 

二九六銀座へいらっしゃい+

 

 

著者:文野華影・ひじき

A5サイズ 24ページ
200円
 


ある町に、今ではもう見ることも少なくなった昔ながらの商店街がありました。

 

名前を二九六(ふくろう)銀座といい、

 

駅前のアーケードに、八百屋、魚屋、肉屋、パン屋、宝石店、駄菓子屋、レストラン、花屋、いわゆる、商店街と聞いて皆さんが想像するような一通りのお店がありました。 

 

そんな二九六銀座の片隅に立っているのが、駅前ホテル「からたち館」と喫茶店「星田珈琲」。 

 

働くのは白髪の老支配人、おっとり草食系店長、オカマのイケメン、苦労性のバイト、人形のような娼婦、リアリスト女子大生、彼らのほっと一息つく時間を短編にまとめました。

 

 

バックナンバーも販売いたします。

 

カール太郎とポールジロー

 

 

 

文野華影・ひじき
文庫判(A6)28ページ
200円
2016/11/23(水)発行


「ねぇ、カール太郎。僕はあなたに言ってなかったことがあるんです」

 

ぬいぐるみの羊カール太郎が出会ったのはフランス生まれのポールジロー。

 

テーブルの上の友だちはいつだってそこでカール太郎を待ってくれている、そのはずだったのですが……

 

文・ひじき、絵・文野華影による、優しくてほろ苦い小さな友だちの物語

 

 

檻の中にいる?

 



著者:文野華影・ひじき・星野真奈美
A5サイズ
200円
2014/05/05(月)発行


サークル誌第7弾

3者3様の檻の中と外。
動物園がテーマの短編アンソロジー。

 

「人を映すもの」 ゴリラのホリィは、迷い子猫や飼育員のシミズさんと日々を送りながら、 今日も檻の向こうの人間を見ている。 


「マナビヤ」 辺鄙なところにある個人塾【ZOO】。 通う生徒は浪人生のキリンに、無口なハシビロコウ、記憶を盗まれるゾウガメと、 期待はしないオラウータン。 受付係が見た塾講師と受験生たちの日常。 


「まひるの動物園」 
「毎日あの時間にあそこにいますよね?」 動物園でユキヒョウを観察するハイシと旅する修復士カレルの出会い。

二九六銀座商店街の登場人物も勢ぞろい。

 

 

海に寄り道

 


著者:海鳥優・ひじき・星野真奈美
A5サイズ
300円
2013/04/28(日)発行


サークル誌第6弾

 

一隻の客船を巡る短編アンソロジー。

 

 

庭には

 



著者:文野華影・ひじき・星野真奈美
A5サイズ
300円


サークル誌第5弾

 

この庭とあの庭はつながっている、そんな短編アンソロジー。

 

 

当日は

 

ウ-59

 

でお待ちしております。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

イベント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第二十四回文学フリマ東京で買える個人誌

ご無沙汰しております。

 

ゴールデンウィークがだんだんと近づいてまいりました。

 

つまり春の文学フリマ東京ももうすぐです。

 

第二十四回文学フリマ東京

 

東京流通センター(東京都)第二展示場
2017/05/07(日) 11:00〜17:00

 

我らが「三日月パンと星降るふくろう」のブースは

 

ウ-59

 

です。

サークルの新刊は鋭意制作中ですが、

 

一足先にサークルメンバー雲形ひじきの個人誌について紹介いたします。

 

 

【新刊】


『風の森の春鹿−あるペロリストの酒記−』

 

 

 

 

A5サイズ
64ページ
500円
2017/05/07(日)発行

 

―すべての日本酒には物語がある。

全国各地の酒を舐めたとき、心に浮かぶストーリーを書きとめた散文集。

 

「目次」

再び舐める家

東一

新政 Colors 秋櫻 –Cosmos–

新政 とわずがたり

新政 No.6 R-type

新政 No.6 S-type Essence

新政 No.6 X-type Essence

伊根満開

恵那山 純米吟醸

屋守 純米吟醸 無調整生 雄町

おくりびと 無濾過清酒

かたの桜 純米吟醸

醸し人九平次 黒田庄に生まれて、

刈穂

菊政宗 樽酒

君の井 純米吟醸 無濾過

金婚 本醸造 しぼりたて生原酒

金婚 山廃純米無濾過生原酒 

くどき上手 The First Thing〜初〜

久保田 千寿

久保田 生原酒

國権 秋あがり

燦爛

四海王 純米吟醸 夢山水

〆張鶴 しぼりたて原酒

十右護門 純米無濾過原酒

白雪 純米大吟醸

杉勇

蒼空 純米酒 美山錦

瀧の司

多満自慢

獺祭 酒粕あいす

出羽桜 出羽燦々 無濾過生原酒

八海山 普通酒

春鹿 純米大吟醸

美少年 清夜 純米酒

麓井

蓬莱泉 和 純米吟醸

堀の井 純米大吟醸

梵 ときしらず

三井の寿 秋純吟 Porcini 

三千盛

ゆきつばき 純米吟醸

ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹 生

ゆきの美人 純米吟醸 全量山田錦

雪の茅舎 山廃純米

来福 X 黒 純米吟醸

綿屋

風の森・鷹長

あとがき

 

2016年11月に刊行した『獺祭の花嫁−あるペロリストの酒記−』の続編ですが、

別ものとしてお楽しみいただけます。

 

 

そして前回の文学フリマ東京でも販売した

 

『獺祭の花嫁−あるペロリストの酒記−』

 

 

A5サイズ
64ページ
500円
2016/11/23(水)発行

 

「目次」

舐める家

阿櫻 超旨辛口 特別純米

新政 Colors 生成 -Ecru-

新政 Colors 天鷲絨 -Viridian-

新政 Colors 瑠璃 -Lapis Lazuli-

新政 貴醸酒 陽乃鳥

新政 白麹仕込純米酒 亜麻猫

新政 低酒精発泡純米酒 天蛙

井の頭 純米

栄光冨士 無濾過生原酒 星祭

屋守 純米中取り 無調整生

風の森 愛山

風の森 秋津穂

醸し人九平次

菊鷹

嬉長

亀甲花菱

くどき上手

越乃景虎

越乃寒梅 純米吟醸 灑

澤乃井 立春朝搾り

城陽 純米吟醸58

駿州中屋

酔鯨

姿 ひやおろし 純米吟醸

杉並区高井戸

清龍

竹鶴

玉乃光 こころの京

司牡丹

天山

初孫

彦市

ひめぜん・ひめぜん きりり

比翼鶴

Fu.

鳳凰美田

舞美人

真澄

三芳菊 しぼりたて特別純米生原酒

三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒

陸奥八仙

八咫烏

雪男 純米酒

四尺玉 大吟醸

龍神

獺祭 磨き二割三分・磨き三割九分

あとがき

 

Twitterアカウント@kmkymrのハッシュタグ「#ペロリストの舐メモ」で呟いたものを中心に構成していますので、

気になる方はサンプルとしてご参考ください。

 

https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9A%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E8%88%90%E3%83%A1%E3%83%A2?f=tweets&vertical=default&src=hash&lang=ja

 

2016年5月にコピー本で先行販売しましたが、そこからさらに二十四酒書き下ろしたので

別ものとしてお楽しみいただけます。

 

日本酒がお好きな方も、ただなんとなく気になる方も

どうぞ手にとってご覧ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

イベント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第二十三回文学フリマ東京に参加します

長らくご無沙汰の三日月パンと星降るふくろうです。

ブログは動かずとも、文学フリマには細々と参加し続けておりました。

会場で当スペースに足を運んでくれた方々、ありがとうございます。

いよいよ明後日に迫った第二十三回文学フリマ東京にも参加させていただきます。


ブース位置 : E-25

 カテゴリ   : 小説|アンソロジー
ブース配置図はhttp://bunfree.net/?tokyo_bun23  をご覧ください。

 


第二十三回文学フリマ東京

開催日 2016年11月23日(水祝)
開催時間 11:00〜17:00予定
会場 東京流通センター 第二展示場
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分

 

新刊もございます!

 

『カール太郎とポールジロー』

 

 

 

「ねぇ、カール太郎。僕はあなたに言ってなかったことがあるんです」

 

ぬいぐるみの羊カール太郎が出会ったのはフランス生まれのポールジロー。
テーブルの上の友だちはいつだってそこでカール太郎を待ってくれている、そのはずだったのですが……

文・ひじき、絵・文野華影による、優しくてほろ苦い小さな友だちの物語

 

 

個人誌もございます!

 

『獺祭の花嫁ーあるペロリストの酒記ー』

 

 

雲形ひじき 個人誌

 

―すべての日本酒には物語がある。

 

全国各地の酒を舐めたとき、心に浮かぶストーリーを書きとめた散文集。

Twitterアカウント@kmkymrのハッシュタグ「#ペロリストの舐メモ」で呟いたものを中心に構成していますので、

気になる方はサンプルとしてご参考ください。

 

2016年5月にコピー本で先行販売しましたが、そこからさらに二十四酒書き下ろしたので

別ものとしてお楽しみいただけます。

 

立ち読み自由ですので、お気軽にお越しください。

イベント情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
第二十二回文学フリマ東京に参加します。      オー31

長らくご無沙汰の三日月パンと星降るふくろうです。

ブログは動かずとも、文学フリマには細々と参加し続けておりました。

会場で当スペースに足を運んでくれた方々、ありがとうございます。

いよいよ明後日に迫った第二十二回文学フリマ東京にも参加させていただきます。


ブース位置 : オ-31 (A〜Dホール)
    カテゴリ   : 小説|アンソロジー

ブース配置図は http://bunfree.net/?tokyo_bun22 をご覧ください。

 

☆第二十二回文学フリマ東京
 開催日 2016年5月1日(日)
 会場   東京流通センター 第一展示場
 ※入場無料
 ※当日会場にて出店者カタログを無料配布します!(なくなり次第終了)

詳しくは「第二十二回文学フリマ東京 開催情報」
http://bunfree.net/?tokyo_bun22
をご覧ください。

合同誌の新刊はありませんが、
バックナンバーと
ひじきの個人誌を販売する予定です。

立ち読み自由ですので、お気軽にお越しください。

イベント情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
第十九回文学フリマ参加情報(追記:本の詳細追加しました!)
ごぶさたしております。


第十九回文学フリマの「三日月パンと星降るふくろう」の
スペースが確定いたしました!
今回は

Fホール(2F)ア-21

になります。
今までは一階で出店していたと思いますが、
今回は二階なのでご注意くださいませ。

三日月パンでは
新刊を1冊ご用意する予定です。
星野真奈美の個人本第二弾になります。

タイトル 『命の讃歌』
本のサイズ A6
価格 200円
本の形態 和綴じ本
本のテーマ ある神さまの小さな物語

今回は装丁にかなりこだわりました。
ひとつひとつ手で作った手製本になります。
物語に関しては、ちょびっと作者の祈りをこめました。


その他に当サークルメンバーの文野華影と
「アリスチルス月面研究所」の青川有子さんのコラボ本も
置く予定です。

タイトル 『落ち星拾い』
本のサイズ A5
価格 400円(予定)
印刷方法 オンデマンド印刷
本のテーマ 流れ星ハンター

WEBカタログより本の紹介を抜粋
「流れ星には人の願いを叶える力がある。これは迷信ではなく、事実。私は野良流れ星を地道に回収するエージェント、流れ星ハンターなの。どう? ちょっとかっこよくない?」  新刊は文野華影さんとの流れ星ハンター合同誌を予定しています。 「君は僕のたった一人の友達だ」 「そんなんだから友達増えないのよ!」

他にも
庭や船や動物園などを、それぞれテーマにした
既刊本をいくつか持っていきます。
どうぞ気軽に遊びに来てくださいね。
イベント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ご無沙汰しております
お久しぶりです。

更新をずいぶんと怠っており、すみません。

管理者ひじきに余裕がなくなっておりました。

イベントとしては、5月の第十八回文学フリマにも参加させていただきました。
スペースに来てくださった皆様ありがとうございます。

動物園をテーマにした新刊「檻の中にいる?」も発刊することが出来き、何人もの方に手に取っていただけました。

次回の文学フリマにも参加予定です。

その時は事前にお知らせできるといいのですが……。

今後ともよろしくお願いいたします。
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
第十七回文学フリマに持っていく本
いよいよ明日4日は文学フリマです。

ゲームマーケットなど他のイベントも開催されているようで行きたい場所が多い人には悩ましいですね(笑)

今回もぎりぎりでしたが

なんとか新刊を準備することができました!!

以下、売り物リストです。



『おちひめ』


200円 コピー本 A5 <新刊>



200円 コピー本 A5
テーマは空から降ってくるヒロイン……のようなもの。
「駒鳥文庫」のむらさきとひじきと文野華影のコラボ本。





『海に寄り道』



300円 オンデマンド印刷 A5 

アンソロジー形式の合同誌、第6弾。
同じ船に乗り込んだ客たち。どこから来てどこへ向かうのか。
執筆者は星野真奈美、文野華影、ひじき。ゲストに海鳥優さん。





『庭には』




300円 オンデマンド印刷 A5 

アンソロジー形式の合同誌、第5弾。
ある通りに面した庭を持つ家々。誰の庭には何があるのか。執筆者は星野真奈美、文野華影、ひじき。





『くろすく』  
                   




200円 コピー本 A5

テーマは男装女子×女装男子。「アリスチルス月面研究所」の青川有子と、ひじきのコラボ本。

 
ぜひ会場でぱらぱらとお手に取ってみてください。
E-o7でお待ちしております。



 
「第十七回文学フリマ」
開催日 2013年11月 4日(月祝)
開催時間 11:00〜17:00
会場 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
イベント情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
第十七回文学フリマの配置番号
ずいぶんと長らく更新を怠っておりまして申し訳ありません。

大阪と幕張の文学フリマについての感想なども
書きたかったのですが、

もう次の文学フリマが迫ってまいりました。

「第十七回文学フリマ」 
開催日 2013年11月4日(月祝)
会場 東京流通センター 第二展示場

今回も三日月パンと星降るふくろうは参加させていただきます!

我々の配置番号は「E-07」です。

4サークルまで合体できるということで、
いつもお世話になっているサークル様とずらっと横並びでお出迎えいたします。


E-05 アリスチルス月面研究所

E-06 pot-pourri cafe

E-07 三日月パンと星降るふくろう

E-08 駒鳥文庫


肝心の新刊ですが、

通常のメンバーによる合同誌ではなく、

文野華影とひじき、そして駒鳥文庫のむらさきさんによる

テーマを統一したアンソロジーを用意できればなと企画中です。

もちろんバックナンバーも持っていきます。


お店番はひじきと文野華影がする予定です。

皆さんのお越しをお待ちしております。





 
イベント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 1 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS